このエントリーをはてなブックマークに追加
2016年中途入社

永井 彦丞

システム設計技術職(基盤系技術者)
ながい・ひこすけ
大学院にて情報工学を専攻、大手SIerにて金融系のシステム開発を行うSEとしてキャリアをスタート。25年以上勤務したが、管理職としてマネジメント業務の比重が大きくなってきたことがきっかけで、技術者としてのやりがいを求め転職することに。転職エージェントから紹介された数社の中で、待遇と仕事内容に魅力を感じたIPソリューションサポートを選択。現在は基盤系のSEとして活躍している。
システム設計技術職(基盤系技術者)/永井 彦丞
管理職の仕事よりも、開発の仕事ができる場所を見つけました。

管理職の仕事よりも、開発の仕事ができる場所を見つけました。

大学院を出てから、一つの会社に25年以上勤めていました。キャリアを重ねるごとにやりがいの大きな案件を任されるようになることが面白かったのですが、管理職になり組織運営やメンバーマネジメントを求められることに違和感を持つようになりました。そこで思い切って、「エンジニアとしての自分」の価値を提供できる場所を求めるために転職を決めました。
IPソリューションに決めたのは、社長との面接。私に「どんなことができる?」と、どんどん質問をしてくるのです。ここでなら、自分の長所を生かし可能性をもっと引き出してくれる、そう確信できました。
サーバ構築の設計に幅広く関わっています。

サーバ構築の設計に幅広く関わっています。

私が手掛けているのは、公共系システムのUNIXサーバ構築。サーバ群各サーバの基本動作環境設計、セットアップ設計(パラメータ設計)、動作試験計画作成、ミドルウェア総合動作確認試験などと言ったサーバの維持および運用全般に、幅広く関わっています。
もちろん、プロジェクトメンバーとして業務を行うのですが、ここでは私の経験とスキルが認められているので、設計からレビューまで自分のやり方でできています。

教えることで自分も学べるのが面白い。

私は、さまざまなプロジェクトに参加してきましたが、キャリアも年齢も一番上になることが多くあります。ですので、IPソリューションサポートのメンバーはもちろん、同じプロジェクトに関わるいろんなエンジニアからの質問に答えたり、時には指導するような場面があります。「教えて」と言われるのは、楽しいですね。
ITの世界は常に新しいものが出てきます。ですから、私も自分の知識や経験だけで教えるのではなく、教えるために自分も学ぶ必要が出てきます。そうすることで、私自身もまた成長できるのです。

この先もずっとエンジニアとしてやっていきたい。

入社して4年が過ぎましたが、いまだに社長には好きにやらせてもらってます。ここでは、しっかりとした信念と実力と責任感があれば、自分のスタイルで仕事を任せてもらえます。私にとっては、すごく居心地のいい環境です。だからこそ、最高のパフォーマンスも発揮できると思っています。
もちろん、プロジェクトリーダーやプロジェクトマネージャーとして活躍したい人にも、同じことが言えると思います。このように、誰もが自分のスキルを最大限発揮できる環境が、いつまでも続くといいなと思います。

「できることをしたい」人より「できないことができるようになりたい」人に向いています。

常に最新のソリューションを求められるIT領域の中でも、私たちが手掛けているビッグデータやAIに関わる分野は、特に顧客要望が高く厳しいものになります。私たちエンジニア一人ひとりにも、常に知識と技術のアップデートが求められるのです。それを楽しめる人なら、ぜひ私たちの仲間になってほしいと思います。そんな人なら、何歳になっても成長する喜びを実感できるはずです。
SNSでシェア
TwitterFacebook
Hatena
Pocket
LINE

ネットワーク・サーバー設計・構築・運用・保守に関連する求人票を見る